コロナと散歩とYouTubeKidsと。

コロナで外出自粛がつづく毎日ですが、
マスクや他人との距離などを守った上であれば、
心身の健康のために外出はむしろ推奨されていること。

また1~4歳の子どもが、そもそも体を動かす活動は、
1日あたり最低でも3時間、推奨されていること。

これらをnote記事にupしました👇

 

 

note記事:小児科医ママが解説「コロナで外出自粛。公園や散歩はどこまでOKなの?」

note記事:小児科医ママが解説「”子どもが健康的に過ごすために”とか言いながら、親に激しく追い撃ちかけてくるWHOに突っ込んでみる。」

 

 

で、実際、白井ん家はどーしてんのよって、話を書こうと思います。

 

まずは1日のトータル散歩時間。

①9時半~11時半
②16時~17時
 → 合計 3時間

が最近のトレンドです。全然、外出自粛できてない😂w

 

3歳の長男が「さ!みんなでお散歩いこ!お散歩!」と、
朝から、ストレスのたまった犬のようになっており、

必然的に11ヶ月の次男を抱っこひもで朝寝させながら、
朝から街に繰り出す毎日です・・・。

そりゃ、普段は保育園でガンガン部屋の中・外でかけまわり、
友達とワイワイする日々だったのが、

急に一転、部屋の中で走ったらおこられ、
友達とも遊べず。ストレスたまらないわけないですよね💧

 

一応、長男は子ども用のマスクをつけてみるものの、
公園につく頃には「はずす!」といってつけられず😓


もちろんゲホゲホ咳をしているわけでも、
熱がでているわけでもないのですが、

他にきちんとマスクをつけているお子さんを見ると、
めちゃくちゃ申し訳なくなる・・・。

 

ちなみに白井はもともと、
休日に約束をしてわざわざ会う友達がほぼゼロなので(笑)、

他の家族の方と約束することはありません。
(公園でご近所の家族とお会いすることはあります。
そして、こういうときの会話・ひとときが、すごい心の癒しになっています❤)

 

まぁマスクはつけられてないけど、
他人との距離をたもつ・他の家族と約束しない、という点は、

CDC(米国疾病管理予防センター)の提案を守れてんじゃん自分🎵
とむりやり自己肯定しています。笑

 

そして、遊具からの感染が心配で・・・という声もお聞きします。
たしかに物の表面上では数日間、ウイルスが存在しうるという状況で、
消毒をこまめにできず、子どもも触りまくる遊具が感染経路になることは、十分あり得ると思います。
地域によっては、遊具の周りにテープをはって「使用禁止」としているところもあるようです。


うちの近所の公園は特に、遊具禁止にはなっていないのですが・・・


長男はもともと遊具でガンガン遊ぶタイプではなく、

公園内に落ちている大きな木の枝や葉っぱを使って、
「ママはこっちを工事してね。ぼくはこっちを工事するから。」
と急に仮想の工事現場を展開しだしたり👷

「はい、ママはそこの穴に落ちて!はい、助けてーって言って!
はい、いま助けに行きますね!まかせて!」
とママを穴に落下させて、それを救い出す消防士のヒーローになりきったり✨

そんな遊びばっかりするので、遊具にはノータッチです👦w


次男11ヶ月はマスクも当然つけられず、
そんな兄を抱っこひもから見下ろしながら、
「んだ!!」「だは!!」と、木の幹をたたきまくる👶

 

んなことをしていたら、あっという間に2時間が過ぎていきます。笑
そして、昼たべて・昼寝して、起きて、また17時のカネがなるまで外。
そんなこんなであっという間に過ぎ去っていく1日です😪💤

 

 

別に「WHOが3時間以上の身体活動っていってたから、
午前2時間・午後1時間、つれだすわよ( ・ิω・ิ)!!!」
みたいな意識はさらさらなく、

長男のペースにつきあってたら、自然とこんなスケジュールになったっていう感じです。

 

雨のときはさすがにここまで外出できないので、スーパーで買い物をすませて30分くらいで帰宅。
その後は自宅で一緒にYou Tube Kidsを見たり(iPad)、ブロック遊びをしたり。
やっぱり雨や自宅ですごす日は、明らかにスクリーンを見ている時間が長いと思います。

 

普段はせいぜい1日2時間半くらいかな、というところですが、
雨のときは、ぶっちゃけ3時間以上いっちゃう日もあると思います。

なるべく隣にママあるいはパパがいるようにはしていますし、
子どももずーーーーっと見続けるというよりは、
時々いきなりミニカーで遊びだすなど、断続的に見ている感じですが。

無理やり見るのをやめさせても、反動でまた見たがるだけかな、というのもあり、
もういっか!って感じで、見させちゃってます😃

 


数々の報告がありますが、スクリーンタイムが多くなることで、
一番の懸念点は、親子間のコミュニケーションが少なくなること。

私もなるべく「あ、こんな色のウルトラマンもいるの?ママ知らなかったわ。」とか、
積極的に声はかけるようにしています。


長男も画面を見ながらも「ね、いま○○ちゃんが泣いてたね、ママに会いたいんじゃない?」
などとこちらに語りかけてくれる時も多くあり、それにも助けられています。

動画の中で新しい言葉・踊り・曲があると、
日常の生活場面でもそれを使おうとしている時もおおく、
本当に子どもの吸収力に驚かされます。

 

無理ない範囲で、今後も朝・夕のお散歩、
そしてなるべくコミュニケーションをとりながらのスクリーンタイムを、
つづけられたらいいなと思います😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です