小児科専門医試験②

(以下の内容は、今後、小児科専門医試験を受けようと思っている医師向けです。)

 

どうやって勉強したら良いの?
サマリーどう書いたら良いの?
・・・の、その前に。

 

めっちゃ「そもそも」やん!😁✋
って感じのことを、今回は書きます。

 

小児科学会、入ってますか?年会費、払ってますか?

 

いやいやさすがに・・・😅と思うかもしれませんが。

後期研修が始まった年に、小児科学会に入り忘れてた!
年会費をうっかり払い忘れて、退会扱いになってたw

・・・で、専門医試験を受けられなかったという声を、複数聞いたことがあります😅💦

 

とりあえず、後期研修が始まったら、すぐ学会に入る!
で、年会費は毎年、振込用紙とどいたら速攻払う!

※毎年、学会誌の3月号に、振込用紙が一緒に入ってます。あるいは、ゆうちょ銀行の場合、自動引き落としが設定できます。

 

後期研修3年目の年に、はじめて会費を払い忘れた。
→退会扱いに。学会会員歴が振り出しに戻る。(※)
→再入会して3年たって、やっと専門医受けられた(つまり医師9年目)

という人もいたようです💦
(※) 試験を受ける年の8月31日までに、会員歴が「連続」 3 年以上,もしくは通算 5 年以上、というのが例年の受験資格です。

 

ちなみに後期研修期間としては3年間ですが、途中で産休・育休、
あるいは病気などでやむなく中断したらどうなるのか、という問題があります。

かくいう私も、後期研修1年目の終わりに出産①→後期研修3年間終了直後に出産②、
という経過だったので、小児科学会・専門医機構にお問い合わせしたのですが、
結局「指導医に確認を」というお答えでした。
・・・要は、指導医が「産休・育休期間の長さや、その後の勤務、臨床実績などを鑑みて、
3年間研修したとみなせる」と判断するのであれば、
途中で産休・育休をはさんだとしても、3年間で後期研修終了→受験OK、ということなのでしょう。

私はギリギリ旧制度だったので、この辺がかなり曖昧・グレーゾーンだったと思います。
2017年度以後に後期研修を始められた新制度の方の場合は、
専門医制度新整備指針(by 日本専門医機構)に下記の通り明記されています。
「特定の理由(~中略~妊娠・出産・育児、病気療養など~中略~)のために
 専門研修が困難な場合は、申請により、専門研修を中断することができる。
 6ヶ月までの中断であれば、残りの期間に必要な症例等を埋め合わせることで、
 研修期間の延長を要しない。
 また、6か月以上の中断の後研修に復帰した場合でも、中断前の研修実績は、
 引き続き有効とされる。」

 

ちなみに別に専門医受けなくても、
学会誌を読むだけでもかなり勉強になると私は思います✏

 

 

以下のもの、手元にありますか?
① 臨床研修手帳  ② 医師免許証  ③ 臨床研修修了録証  ④ 大学の卒業証書

 

① 臨床研修手帳

後期研修がはじまったら、所属している研修先から配られる手帳です📕
普段つかわないし、存在感うすい手帳なんですが。

専門医試験を受けるにあたって、手帳にめっちゃ色々書かなきゃいけないんです💦
後期研修中の各年度で、自分の診察や知識に対する自己評価 & 上司からの評価。
指導責任医からの直筆サインも必要です。

直前にまとめてやると、結構めんどくさいです・・・😅
自己評価の欄は、毎年度おわるたびに、書くようにしていました。

 

② 医師免許証

これ、皆さんどこに置いてますか?
私は初期研修のころから、ずっと病院に置いてました🏥

自宅だと失くしたり、子どもに破られたりするリスクがあるかと考えて・・・💦笑
(産休・育休中の数ヶ月間は、さすがに自宅に置いてましたが。)

専門医試験の時は、医師免許証のコピーが必要です✋

っていうか失くすと、別に専門医とかそれ以前に、
勤務するうえで色々面倒くさすぎます。
1~2日で発行できるものでもないので・・・

 

③ 臨床研修修了録証  ※ 厚生労働省が発行したもの!

これも、存在感あるようでないような微妙な書類ですよね・・・
初期研修が終わったときに、「厚生労働省」からもらう書類です。

ややこしいですよね。

病院独自で「初期研修おわったね、おめでとう!」的な感じで、
証書をもらうことも多いんですが、それだと専門医は受けられません。
例年、2~6名くらいが、病院独自の証明書を提出してしまい、
受験不可になっているとのことです。

これも厚生労働省に再発行依頼をすると、数ヶ月かかるそうです。

ちなみに、臨床研修修了登録証をもらった後(つまり初期研修を修了した後)、
結婚するなどして名字が変わっている場合があります。
その場合、旧姓の臨床研修修了登録証でも良いですが、
「改姓していることがわかる一筆を添えて提出」とのことです。
ちなみに私も、後期研修が始まって次の月に結婚・改姓したので、
医師免許証と同時に、臨床研修修了登録証についても、
氏名書き換えの申請をしました。

④ 大学の卒業証書

これは、ちょっとオマケ的な感じですが✋

「受験出願書類」の用紙に「大学卒業年月日」という欄があります。
卒業って3月31日とかじゃないの?って適当に思ってたんですが、
卒業証書を引っ張り出してみると、3月10日の文字が。
 ※ちなみに中学・高校の卒業証書は、3月31日になってました。

他ブログでも同様に、卒業証書に記載された年月日を書きました、
という報告をみたので、そのとおりにしました。

別にこの月日うんぬんで落とされることは無いでしょうし、
卒業証書なんて、もうどっかいったわーって場合は、
ひとまず3月31日でも問題ないのかもしれません。

が、心配な場合は、もしかしたら卒業大学に問い合わせてみると、
手がかりがある場合もあるかもしれません。

それか、学会にお問い合わせでしょうか(FAXなので手間ですが)。

 

 

・・・なんだ、こんなことかー。
って感じかもしれませんが、

書類トラップは意外と多いようで・・・

以前は、早めに出願していると「この書類、◯◯ですよ」と、
誤りを指摘してくれて、書類再提出→無事受験♪

というケースもあったようです。

が、ここ最近はあまりにミスが多く、
「書類ミスがあった場合は、一括で受験不可」
と、指導医講習会でも明言されたようです・・・。
(私が試験を受ける直前に聞きました)

まぁたしかに書類といえど、仕事の一つと同じく、
きちんと緊張感もってやりなさい!ってことでしょうか。
何百人という書類を扱う事務の方の気持ちになれば、当然ではありますよね。

もともとビビリな私ですが、書類については上記の明言もあり、
出願直前まで何十回と見直してしまいましたwww

 

ひとまず事務的な書類はOK!👍
じゃ、どうやって勉強すりゃいいんですか?っていうことについては、
また別途書きたいと思います☺