兄弟で全然ちがう、BCGのあと。

コロナで一時期話題になった、BCGワクチンについて。

健診や外来で「BCGの痕って、こんなに赤くなっていいんですか?」
などとご質問いただくことが多いので、記事にしてみました👇

 

note記事:「BCGワクチンは、コロナに効果があるのか?」

note記事:「BCGの痕ってこんなに赤くなる?様子をみて大丈夫?」

 

我が家のボーイズたちも、BCGを打った後の反応が2人で全然ちがったので、
私も最初はとまどいました❗

 

まず、長男👦
・・・打ってもほとんど赤くならず、今もほとんど痕が残っていません。
逆に焦りました💧笑

といっても、私自身が実は、子どもの時同じような反応だったようで、
今も全く痕が見えません。
※母子手帳をみると、確かにBCGを接種した記録はあります💉

 

こうしたBCG接種後の反応が、親子で遺伝しうるのか
そういった研究は現時点では、みつけられませんでした。

また、すでに3歳になった今、気になるのもおかしいのですが、
「BCGを打ったあとに、赤くならないことが、
 なにかの感染のリスクになったりするのか?」
と思ってかるく調べてみたのですが、
論文や報告は見つけることができませんでした。

(むしろそのような報告があれば、教えていただけたら嬉しいです。)

 

ちなみに接種部位の赤みや腫れは、たしかに95%でみられますが、
逆に言えば5%はみられなくてもおかしくない、ということ。

 

もし皆さんのお子さんの中にも、
BCGを打ったのにあまり赤くならない・痕が残っていない、
という場合でも、心配はいりません。

 

 

そして、次男👦
お手本通り、きれーに、接種して3週間後くらいに、赤みMAX!膿疱MAX!
(うみのような・ニキビのような小さいぷちっとしたふくらみ。)

「そうそう、これこれ!」と思わずうれしくなりました😁笑

 

でもこれ、たしかにBCGを打ったあとの正常な反応の流れ、
って知らないと、結構ビックリするよね、と思いました。
打って1ヶ月後って、もういつ打ったかもちょっと忘れかけてるし、
頭の中は次の予防接種のことだったりしますもんね。

 

ちなみに、長男・次男ともに、皮膚の弱さはあまり違いがないように思います。
また同じ先生に接種してもらったので、

(もちろん2年というタイムラグはありますが)
医師による手技の違い・・・とかそういう問題はあまりないんじゃない?
と思っています✋

 

本当に、同じ両親から産まれた子なのに、
なぜこうも反応が違うのか・・・不思議です😲

 

なお、うちのボーイズたちはそういう反応はなかったのですが、
液がでたり・かさぶたができたりするお子さんも、
70%くらいはいらっしゃいます。

 

どんな皮膚の反応も、基本的には接種して1週間以内に、
どんどん悪化することがなければ、問題ないと判断します。

 

ただしケース・バイ・ケースですし、
皮膚の状態は経時的に・日時をおって見ていかないといけない場合もあるので、
どうしてもご心配な場合は、一度お電話で、
医療機関にご相談いただくと良いと思います。

 

noteにも書きましたが、下記のHPに掲載されている皮膚の写真も、
とても参考になると思います。

 

●結核予防会 結核研究所
「BCG接種におけるコッホ現象への対応」
https://jata.or.jp/rit/rj/bcg_nagai_21.12.18.pdf


●日本BCG製造株式会社

「コッホ現象ってなに?」
https://www.bcg.gr.jp/general/bcg/bcg_1.html

 

皮膚って目に見えやすいですし、
なにか変化があると、心配になりますよね😣

一般的な皮膚のトラブルについても、
またnoteやブログに書いていきたいと思っています☺