健診、行きません。

コロナウイルスの影響で、乳幼児健診が延期になっていることについて、
note記事でもふれました👇

 

note記事:小児科医ママが解説「コロナで、乳幼児健診が延期。赤ちゃん・子どもに影響はないの?」

 

我が家でもちょうど、長男の3歳児健診の時期でした。

緊急事態宣言があった日、
「そういえばあと1週間くらいで3歳時健診だったけど、まぁ延期になるよねぇ・・・」
と漠然と思ってニュースを見ていました。

数日後、保健所からのお手紙が。

・・・「時間を区切って、感染対策に留意してやります。」
(で、30分ごとに入場・退場させるスケジュール)

 

うそぉーん😂

中止とか数ヶ月くらい延期とか、そんなニュアンスを予想していたけど、
普通にやるのー?!

緊急事態宣言になり、保育園も預かり禁止❌
兄3歳を健診につれていこうとすると、もれなく次男11ヶ月がついてくる👶

 

いくら人数を区切って、といっても、
そこまでの電車の道のり・待ち時間などなど考えると、
感染させる・感染させられるリスクが低いとはとてもいえず。

 

初めて、健診に「行かない」という決断をしました✋

 

健診の案内に同封されていた「集団健診にこられない方へ」というハガキに、
「コロナウイルスの感染症を考えて。また仕事の都合も今後どうなるかわからないため。
(保育園の預かりが禁止になったので、特別休暇という形で、
緊急事態宣言がでて以後はお休みをいただいていました。)」
と記載しました。

 

んで翌日、保健所から電話が入っていましたが、
昼寝タイムで電話に気づかず、折り返しもできず。
また明日かけなおそう・・・と思っていた次の日。

 

ポストに入っていた案内は。
「3歳児健診 中止のお知らせ」

ほらーー!!笑

 

少なくとも5月いっぱいまでは中止するというものでした。
どのように今回の中止が決まったかわかりませんが、
しかるべき対応だと思います。

米国小児科学会も、こうした感染拡大の時期に、
「病院などに、極力、子どもをこさせないこと」
を医療従事者にも提案しています。

 

もちろん、乳幼児健診が延期になることで、
何かが見逃されるなどして、健康や発達に影響がないのか・・・
といった心配もあると思います。

 

それについても、先ほどのnote記事に書きました👇
note記事:小児科医ママが解説「コロナで、乳幼児健診が延期。赤ちゃん・子どもに影響はないの?」

 

とくに3歳時健診については(今までちゃんと健診や医療機関を受診していれば)、
何か命に関わる緊急のもの、というのはまず無いと思って良いでしょう。
むしろ、発達や視力など、長期的なつきあいになるものの、スクリーニングが大きな目的です。
発達や視力のスクリーニング、フォローについても、また書いていければと思います。

長男の集団健診、いつになることやら。
次男の1歳半健診ころ(秋ころの予定)には、なんとか収束していてほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です